日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


第4編 電気艤装

 

電気艤装設計編

 

第1章 電気の概要

 

1.1 一般

船舶における電気設備は近来特に複雑化され、また重要視されてきている。しかしあまり複雑化されてきているため故障時の対策が完全に行われることが少なく、しばしば事故を起すことがある。船舶の電気設備は耐久力があり使用者が安全、便利に使用できるものとし、必要かつ十分な性能をもったものを採用することが必要である。これらの電気装置としては発電機、電動機などの電力機器から航海無線機器、照明装置及び船の自動化機器まで多方面にわたっているが、これらは機能及び用途によって一般的に次のように分類されている。

 

1.2 各主要装置

(1) 電源動力装置

電源動力装置は発電機、配電盤、変圧器、蓄電池、船外給電箱等一次電源装置から構成される電源装置と補機用電動機、始動器、荷役装置、甲板補機、厨房機器、電熱装置や動力分電箱、接続箱等の電路器具から構成される動力装置を総称したものである。

船の主電源である発電機は、ディーゼル機関に駆動され、船内の負荷に十分な電力が供給できる容量を有するとともに、一般には、船級協会の規定により1台が故障しても残りの発電機で航海中に必要な電力を供給できるよう、発電機は2台以上装備されている。発電機には、交流発電機と直流発電機があるが、最近では直流発電機を採用する船は、照明と小容量の動力をまかなう程度の沿岸航行船ぐらいであり、ほとんどの船舶が交流発電機を採用している。

交流発電機が採用されるのは、直流発電機に比べ次の利点があるからである。

(a) 陸上一般の標準品が使用でき、修理交換が便利である。

(b) 発電機電動機等は、寸法的に直流機より小形である。

(c) 高圧及び低圧が同一電源により変圧器を使用し簡単に得られる。

(d) 係留停泊中、陸上受電により船内負荷がまかなえる。

(e) 交流品は直流品に比べ安価である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から