日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(c) ユニット艤装を進めるために、何台かの補機器を1カ所に集め、共通補機台を作れないか。

以上の3点を考慮し、配置の変更を行った方がよいと考えたら、関係者と協議し、実行するが、これ等の作業は、初期の計画段階で行うべきで、艤装工程を左右するような時点で行うことはできない。

(2) 補機台の設計及び製作上の注意点

(a) 図1.2.1のように、補機台の脚、あるいはブラケットを船殻骨材上に乗せる。

 

330-1.gif

図1.2.1 補機台と船殻材との関係

 

(b) 外板、特に船底板に、直かに脚を立てず、ロンジ、フレーム等を利用する。

(c) 各床面から操作の行いやすい高さであること。

(d) 板厚及びボルト孔径は、一般に据付けボルトの寸法と補機の種類によって決められる。(表1.2.2)にその例を示す。

 

表1.2.2 <補機台と板厚例> (単位:mm)

330-2.gif

但し、t1は頂板、t2は桁板の厚さを示す。

 

(e) 回転しない補機には、張付けライナを設ける必要は特にないが、回転補機には、据付け面よりやや大きめのライナを設ける。

張付けライナの厚みは、一般に8〜10mm程度で、台に全周溶接をする。

(f) メーカ図によって、据付けボルト孔は、台の製作時にあけておき、さらに据付けボルトは仮組立しておく。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
334,187

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から