日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


5. 当りは80%以上とする。また、当っていない部分も0.04mmのすきみゲージが入らぬことが望ましい。

 

328-1.gif

図1.1.20 ライナ合わせ用把手

 

(e) リーマ通し

リーマ穴は一般にエアーボールを使用し、台板側の穴をガイドにして調整ライナと共にリーマ通しをするのが普通である。図1.1.21に示すような治工具でリーマボルト穴加工及び座ぐりを行うと良い

1. リーマ穴より1mm位小さい下穴をあける。

2. 特にリーマボルト加工中は、切削油を十分かけ、無理な力を加えないよう注意する。

3. 座ぐりバイトで、下面の黒皮のみ削正する。

4. リーマボルトの加工は、リーマ穴の実径より0〜0.01mm程度大きくする。(押込側へもっていく)

5. リーマボルトの打込みには、損傷防止にクロム系の潤滑剤を塗布し、ハンマーやオイルジャッキを使用する。ドライアイス等で冷却してからリーマボルトを打込む方法が一般的である。

 

328-2.gif

図1.1.21 座ぐりの例

 

(f) リーマ通し後、サイドジャッキ等を取外し、軸心及びデフレクションを計測する。許容誤差内であることを確認してから、正規の立合いを受ける。

この時間は、実測により、一日の内で変化の一番少ない時を見計らって行うとよい。また、記録の提出を求められることがあるので、常に整理しておく必要がある。

(g) カップリングの結合

カップリングの合いマークを合わせ、ドライアイス等で冷した、リーマボルトを嵌込み、締付ける。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(32,450成果物中)

成果物アクセス数
333,846

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月1日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から