日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


2.5 補助ボイラ及び排ガスエコノマイザの自動化

2.5.1 概要

ディーゼル船での蒸気は、通常の場合、航海中は排ガスエコノマイザによってまかない、出入港時や荷役時、停泊時などは補助ボイラによってまかなっている。しかし、冬期や主機の低出力運転時には補助ボイラで追だきする必要があるし、また航海中排ガスエコノマイザによって余剰蒸気が発生しないよう、排ガスダンパを操作することもかなり繁雑な作業である。これらの作業負担を軽減するため蒸気発生装置系統に自動化が採用されるようになった。

 

2.5.2 補助ボイラの自動化

補助ボイラの自動化には、従来から使用されている円ボイラや立ボイラなどを必要に応じ自動化したものと、最初からパッケージ化し自動ボイラとして計画されたものとがある。一般に採用されている自動化は、ボイラ本体や関連補機、関連管系統の弁操作などの始動前準備作業は手動とし、これが完了した後自動運転とするのが通常である。

補助ボイラの自動制御の基本的な項目は、自動着火、燃焼・給水制御、自動消火でり、その他に安全運転のための保護装置を装備している。これらはボイラの形式、バーナの種類、制御方法、メーカなどにより幾分異なるが、基本的にはほとんど同じで、その概要は以下のとおりである。

(1) 始動及び給水制御

給水ポンプを始動してボイラ水位を安全水位以上とする。これを条件として、着火及び燃焼制御系統の自動制御が可能となる。

給水制御については、いろいろの方法があるが、燃焼制御系統からは独立しており、一般には給水ポンプを連続運転して給水加減器でドラム水位を一定に保持する方法と、ドラム水位により給水ポンプを自動発停させる方法がある。

(2) 着火及び燃焼制御

着火及び燃焼制御は、一般的には、電気的シーケンス回路を組み込んでプログラム制御を行っている。

まず、始動ボタンを押すと送風機が運転され、ボイラ炉内のプレパージが行われ、その後イグニッションが働いて燃料油が噴射され着火する。着火は電気火花によるものが普通である。

燃料制御の方法としては、蒸気圧力の変動を検出して蒸気圧力スイッチが作動することによっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から