日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


ジャケット冷却水は循環して使用されるもので、ジャケット冷却水ポンプにて送り出された冷却水は、主機のジャケットやシリンダカバーを冷却した後に清水クーラに入り、一定温度まで冷やされたあと再びポンプに吸入される。また清水は暖まると容積が増加し、逆に冷えると減るので、この清水系には水の補給と空気抜きの目的で膨張タンクが高所に設けられる。

その他にはピストン冷却水系統や、燃料弁冷却水系統がある場合もある。

(2) 冷却海水系統

冷却海水は、シーチェスト(海水吸入口)から冷却海水ポンプに入り、主機の空気冷却器、LOクーラ、清水クーラなどに送られ、それぞれ空気、LO、清水を冷却する。

海水温度が低すぎると、空気が冷却され過ぎて不完全燃焼を起こしたり、潤滑油では、あまり潤滑油の温度が低すぎると粘度が増して、送油、摩擦損失が増加し、潤滑能力が低下したりする。さらに冷却清水の温度が低すぎる場合も、シリンダ内で発生した熱エネルギーが多量に奪われることになって熱効率が低下する。

このように冷却水温度が低すぎても各部に不具合を生じるので、海水温度は一定に保つ必要がある。そこで一般的に冷却海水の出口温度を検出しながら、各部を冷却して高温度になった海水をポンプの吸入側に戻して、新しい海水との混合比を変えることにより、海水を一定温度範囲内に保つ方法がとられている。

そのほか海水は、過給機の油などのクーラや中間軸受などの冷却水としても使用される。

これらの冷却器で注意しなければならないことは、冷却器の管(チューブ)などが破孔し、海水がLOや清水などに漏入することであり、これを防ぐために海水の圧力はLOや清水などの圧力より下げて運転される。例えば海水の圧力を1.0kg/cm2とすると、LO、清水の圧力は1.5〜2.0kg/cm2としておく。

図1.5.2に主機冷却系統の例を示す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
334,187

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から