日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


一般高圧清海水管 (圧力3〜10kg/cm2) 1.25〜2.5m/sec

ボイラ給水管 2.5m/sec以下

復水管 0.4〜0.8m/sec

ボイラブロー管 0.8〜1.5m/sec

復水ポンプ(出口)管 0.7m/sec以下

(b) 蒸排気管

蒸気管(40kg/cm2以下) 20〜40m/sec

主蒸気管 30〜80m/sec

(c) 空気管

一般空気管 4〜15m/sec

(4) 主機、発電機、空気圧縮機の振動検討

主機、発電機、空気圧縮機、それに潤滑油ポンプなどは機関部の代表的振動源である。それらがどの位の振動を発生させるのか、また不快な振動はどうしたら止められるかを十分検討しておく必要がある。

(5) ポンプ吸入管抵抗計算

潤滑油ポンプなど油系のポンプで、しかも下部のタンクから吸入するものは吸入管の抵抗計算が必要である。また潤滑油ポンプなどで機器からタンクヘの戻りラインがある場合は、タンクの中での吸入管と戻り管の相対位置において、吸入管を戻りラインからある程度離しておかないと戻りによる泡立ちをそのまま吸入してしまい、ポンプに空気が混入し、必要量が送油できないばかりか、ポンプの損傷に至ることもある。これらも合わせて検討しておく。

 

その他、機器の配置がらみの検討項目は次節1.4.3にて説明する。

 

1.4 全体装置と注意事項

1.4.1 機関室全体装置

機関室全体装置は、機関艤装設計の基本となるため、一般配置図の機関室区画と一致し、原則として、機関部仕様書及び要目表に記載されている諸機器が全て明示されていなければならない。

全体装置は設計の進捗にしたがい種々の目的に使用される。すなわち、初期の段階では、船殻主要構造を決めるために使われる。この段階では主機、発電機、ボイラ、大型タンクなど主要の大型機器の配置は決めておく必要がある。そして次の段階では、軸系装置をはじめとする種々の機関室艤装の詳細設計を展開するための基本図として使用される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
319,616

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から