日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


第11章 救命設備

 

救命設備には種々あるが設計編に詳述してあるので本章では作業量の多い救命艇、同ダビット及び救命いかだの取付けについて述べる事とする。

 

11.1 救命艇ダビット(グラビティ型)の取付け

(1) ダビットの足、ウインチ台、シーブブラケットの台等のマーキングする。作業開始前に足場、手摺が完全かどうか確認する。ダブリング、カーリングの要否をチェックする。

(2) チエンブロック使用のための吊ピースの必要な時は吊ピース溶接を確実に行う。

(3) ダビットを搭載し、罫書いた個所に取付ける。位置決めに便利のためガイドピースを用いる。ダビットは垂直に取付け2本のダビットが平行となるようにする。キャンバー、シャーはあらかじめ計算して加工しておくか、情況により伸しを取っておき裾切りの上調整することが多くの場合必要である。

(4) 裾切り終了後ダビットの本付けを実施する。

(5) ダビット、ウインチの取付け完了後、リーディングローラの位置決めを行う。この場合索取状態に糸を張って高さ、心、傾斜等をチェックの上、シーブ台を裾切りして取付ける。

(6) ダビット基部、ウインチ台、シーブ台等本溶接が完了したか確認する。

溶接確認後ワイヤ通しを行う。ワイヤ通しにあたってはワイヤ損傷の有無の確認、ワイヤ根止めの確認を行う。

(7) 次にボートを搭載し、ボートに合わせてボートチョックの取付けを行う。この際船体ヒールに注意し、ヒールのない状態で取付ける必要がある。

(8) リミットスイッチ又はリミットバルブの位置決めする。

(9) 装備完了後公式テストに先立ちボートの揚卸し作動を行い各部の異常の有無をチェックする。例えば

(a) 各シープ、ローラはスムースに回転するか。

(b) ガイドレールを走るクレードルローラーは片当りしていないか。

(c) 救命艇の揚卸しはスムースか。

(d) ワイヤ長さの調整は良好か。

(e) 配線(電動ウインチ)又は配管(エアウインチ)は完了したか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
319,616

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から