日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(d) 衛生陶器類との取合部は船体振動等による漏洩が多いのでパッキンの形状等考慮し注意した配管が必要である。

また、バンドを確実に取付けておくこと。(図8.4.36)

 

226-1.gif

図8.4.36

 

(3) 雑用蒸排気管

(a) 内張内の配管はできるだけさける。やむを得ず配管する場合の接手金物は溶接スリーブ式が一般的である。

(b) 機器出入口配管付近には止弁、ドレントラップ、減圧弁等をつけるができれば各々の機器メーカーに機器付のユニットとして納入させることが望ましい。

(c) 排気管の流出方向は上部への配管はさけて下がる方向に取付けることが望ましい。(やむを得ない場合はドレンプラグを考慮する。)

 

8.4.7 船内型取り管

(1) 型取り管の内容

配管装置上又は管製作誤差、船体構造公差等を考慮すると、完成管として製作できない個所が必ずでてくる。その場合の逃し個所が型取り管個所である。型取りには金型取りと、棒型取りの2種類がある。

(2) 金型取り方法

(a) 船内に取付けられた管に金型フランジを取付ける。(船内取付管はバンドで完全に固定されていなければならない。)

(b) フランジのボールト穴を正しく合わせ、片締めのないように締付ける。(要すればパッキン代を入れる。)

(c) ボールトはボールト穴の半数でよい。

(d) 金型取り用パイプを金型フランジに合わせて切断する。

(e) 切断パイプを金形フランジに合わせて十分溶接し、合マークを入れ取外す。

(金型を変形させないため、必要ならばステーを取る。)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から