日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


222-1.gif

図8.4.16

 

(15) 二重底マンホールの上に配管しないこと。

(16) 弁を集中配置する場合、ハンドル間の間隙は30mm以上とすること。(図8.4.17)

 

222-2.gif

図8.4.17

 

(17) ポンプや機器の開放用スペースに配管しないこと。(図8.4.18)

 

222-3.gif

図8.4.18

 

(18) バタフライ弁をポンプなどに直接取付ける場合には、弁の開閉ができるかどうか、機器の内径をチェックすること。

(19) ディーゼル主機前部の両舷交通管は、主機台板前端より500mm程度離して配管すること。(計測用スペースの確保)

 

8.4.3 甲板裏の配管

(1) 甲板裏の配管は原則として全部、地上ブロックで取付ける。

(2) 甲板裏の配管は人目につきやすいので、美観をそこねないように注意すること。

(例えば、管が密集して平行に配列される場合には共通バンドを使用する。)

(3) 電気機器の上部の配管はでぎるだけ避けること。止むを得ず配管する場合には、その付近にフランジを配置しないこと。特に主配電盤の上には配管しないこと。

(4) 補機器吊上げ用のアイプレートの下には配管しないこと。

(5) 補機用のリフティングビームと平行して配管する場合には、ビームの両側に150mm以上離すこと。

(6) 主電路と平行又は交差して配管する場合には、原則として500mm以上離すこと。

(7) 上面開放型の給水コシ器タンクの上部には、海水燃料油、潤滑油を配管しないこと。やむを得ず配管する場合はフランジ継手を設けないこと。

 

8.4.4 台甲板上の配管

(1) 減圧弁を配置する場合には、ドレンの処理を考慮して配管のこと。(図8.4.19)

 

222-4.gif

図8.4.19

 

(2) 蒸気管の最底部には連続してドレン処理のできるドレントラップを装備すること。(図8.4.20)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
319,616

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から