日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


4.6.4 ろう付

一般にろう付は母材を適当な温度まで加熱して、母材より融点の低い溶加材を用いて接合させるもので、真鍮ろうと銀ろうが主に用いられる。

真鍮ろうは融点が高く、厚く肉が盛れるので銅管のフランジ付けなどに用いられ、銀ろうは比較的融点が低く、小径の計器管などに用いられる。

ろう付を行う際には、溶融点における酸化物や有害物を除去し、湯流れを良くするために母材に適したフラックスを用いなれけばならない。

また接合される部分の表面はワイヤブラシなどで、十分掃除をしてからろう付けを行う。

 

4.6.5 アルゴンアーク溶接

この方法はアルゴンガスにより溶接部を包被しながら、溶加材をアークで溶かし、溶接していくもので、ガス溶接のような容易な作業性をもっている。

その他良い点は次のとおり。

(1) フラックスを必要としない。

(2) 被溶接物の酸化がない。

(3) 気泡及びスラグの巻込みがない。

(4) スパッタがない。

(5) 溶接変形が少ない。

アルゴンアーク溶接は鋼はもちろん、銅及び銅合金、アルミニウム、ニッケル、ステンレススチール等の溶接に利用されている。

 

4.6.6 炭酸ガス自動溶接

この方法は上記のアルゴンガスのかわりに安価な炭酸ガスで溶接部を包被しながら、自動的に溶加材を供給し、溶接してゆく方法で溶接長の長いものには能率的である。

 

4.7 管の表面処理

完成した管を艤装する前に管そのものの仕上げはもちろんのこと、防錆及び特殊塗装(ライニング)などが行われる。

 

4.7.1 管の仕上げ及び清掃

(1) フランジ面

圧力20kg/cm2以上の高圧管はフランジ面を機械加工又は定盤すり合わせ加工を行い、管に対して直角に平面を仕上げる。

その他の一般管に対しては、グラインダー等によりフランジ面仕上げを行う。その場合フランジ内面溶接部のフランジ面への盛り上りやスパッターを完全に除去する必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から