日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


管素材は一般に定尺5,500mmであり、切断に先立ち残材(スクラップ)ができるだけ少なくなるよう材料取りを行う。これをカッティングプランという。

 

4.4 曲げ作業

4.4.1 パイプべンダーによる曲げ作業

ベンダーは定置式と可搬式にわかれ、電動油圧式と手動油圧式があり、冷間で簡単に必要角度に曲げることができる。一般には電動油圧式を用い、手動油圧式は可搬式ベンダーに使用される。

曲げ半径は3D(管径)が一般に使われており、曲げ角度の精度も良く、加工後の表面が奇麗で、断面変化率も少なく大規模な管加工場において広く用いられている。

定置式には管の径の大小により2形(15mmφ)から10形(250mmφ)まである。

パイプベンダーの使用上の注意する点は曲げた後、管の弾性によりわずかであるがスプリングバックして曲げ角度が戻ること及び心金付きの大型機は管内のゴミによる管内壁の傷などである。また曲げ過ぎは戻せぬことである。

 

4.4.2 焼曲げ作業

焼曲げ作業は型取り、砂詰め、焼曲げ、砂抜き作業からなる。

(1) 砂詰め作業

管を焼曲げするとき、管のしわ、変形、割れなどを防ぐために管内に充填材をいれるが、一般に充填材には砂が用いられる。管の一端にこう配のついた木栓を打ちこみ、管を直立させて上部より砂をつめる。砂つめ中は木槌により管の下部よりたたきながら、焼曲げ作業に耐える程度にしっかり充填する。砂がつまったら上部に木栓を打ちこむ。砂の粒度は一般に5〜10mmφ(小径の銅管の場合は0.5〜1mmφ)で川海砂利は石英粗石、酸性火山岩などを使用し、砂は使用前に十分乾燥させる。

(2) 焼曲げ作業

砂をつめた管をガスバーナー(大径管は炉)にて加熱し、蜂の巣定盤上に管の一端を固定して人力(大径管はウインチ)で徐々に曲げる。焼曲げによって生じたしわや扁平は当て治具によって修正する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から