日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


第20章 手摺装置及び天幕・おおい装置

 

20.1 手摺装置

20.1.1 手摺

「設」104条には、旅客船は高さ1m以上の舷墻又は手摺を堅牢に取付けるよう義務づけている。その他の船では特に義務づけはないが、一般に舷墻のない舷側には、安全のため手摺を設ける。

倉口の両側に当る部分の舷側部、端艇を揚卸する部分の舷側部、舷梯の位置、小倉口の縁材の高さが低い場合等には、取外し式の手摺を設ける。

その外に階段、通路等所要部には、舷側手摺の式の外に、グラブ・レールを設ける。

舷側手摺に、防波幕を取付ける場合もある。

係船装置のある付近では、綱取を考慮して支柱の配置をしなければならない。

 

20.1.2 手摺の高さと横棒

135-1.gif

 

20.2 天幕・おおい装置

20.2.1 天幕

天幕は、居住区上部の甲板上に設けて、その甲板を日照及び雨露から保護し、下の居住区の防熱の役割をする。

天幕は甲板上に、中央及び舷側に支柱を立て、中央に船体中心線に沿って棟木を設ける。これから両舷に向って、たる木を出し、舷側に鋼索を張り、これに天幕を展張する。

天幕は、排水をよくするため、船体中心部を高くし傾斜をつける。舷側の高さは約2m位がよい。天幕の取付けは、鳩目をロープでかがり付けて、取外しができるようにする。

支柱その他に鋼管を用いる場合は、亜鉛メッキとし、鋼索には帆布を巻く。旅客船では、外観その他の関係で、軽合金、木、プラスチック等の固定枠を用いるものもある。

支柱は、固定式と取外し式とがあるが、舷側に立てるものは、舷側の手摺支柱と兼用にすることがある。

天幕は強風又は高速航行の際、固定のもの以外は取外さなければならない。天幕の大きさは、船の復原性も考慮して定めなければならない。

天幕を装備する所は、一般に、航海船橋、端艇甲板、船尾楼甲板、旅客席甲板である。

 

20.2.2 諸おおい

(1) 天幕の一部として、風波、風雨から乗員を守るために側幕を用いる。

また、日除け、雨除けのために常設する小型のものもある。

(2) 甲板機械、航海器具、通風筒、ワイヤリール、救命艇、錨鎖管等に、おおいを設ける。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から