日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


19.3 閉鎖装置

19.3.1 閉鎖装置の種類

閉鎖装置を大別すると、次のとおりである。

(1) 倉口蓋

木製倉口蓋、鋼製倉口蓋

(2) 小型倉口蓋

荷ならし用、検査用、人孔

(3) とびら

水密とびら、風雨密とびら、非水密とびら

 

19.3.2 諸開口の縁材の高さ

倉口、昇降口その他の甲板口の縁材の高さは、「鋼」357条に規定されている。

すなわち、甲板の種類及び位置によって区別し、縁材の甲板上の高さは、600、450、380、230(mm)の各種に規定されている。

また、「心」には、航行区域によって、その甲板口、昇降口についてそれぞれ、船の長さ30m以上と未満とに区分して、縁材の甲板上の高さを軽減規定している。詳しくは「心」を参照するとよい。

 

19.3.3 倉口蓋(カーゴハッチカバー)

貨物船では、倉口の大きい方が荷役には便利であるが、安全確保上は好ましくない。倉口は大きいほど閉鎖装置を厳重にしなければならないし、その取扱いを簡単化するように考慮しなければならない。

倉口蓋の要件については、「鋼」370条〜373条に詳しく規定している。

倉口蓋には、木製、鋼製のものがあり、また鋼製のものにはポンツーン型のもので、開閉装置に種々工夫したものがある。

(1) 木製倉口蓋

倉口縁材(ハッチコーミング)に、水圧と甲板貨物の重量に耐えるだけの強い倉口りよう(ハッチビーム)を置き、その上に倉口板(蓋、ハッチボード)を並べて、倉口覆布(ハッチターポリン)でおおい、その周辺を折り返して、倉口帯金(ハッチバッテン)帯金受(ハッチクリート)、くさび(ウエッジ)とで、しっかり緊締して水密にする。更に、倉口の周辺に配置されたリングボルトとラッシングロープとで堅くしばる。

木製の倉口蓋は、分解式であるから荷役の際に便利でもあるが、人力を要し、また完全に閉鎖できない不利がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から