日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


18.10 燃料油管系と貨物油管系

18.10.1 燃料油取入管

二重底又は機関室付近に燃料油タンクを持つ船では、一般に機関室上方の露天甲板両舷の適当な位置に、燃料取入口を設ける。

燃料は重力又は機関室内の燃料移送ポンプにより各油タンクの燃料油管を経て、各油タンクに積み込まれる。

燃料油供給船のポンプ吐出口と船側の取入口とはホースで連絡する。

油タンクの少ない小型船の場合は、上掲の装置の代りに空気抜管や測深管を利用し、あるいは油タンクごとに独立した取入口を上甲板に設け、燃料油供給船のポンプで積み込むこともある。

 

18.10.2 貨物油取入取出管

貨物船のディープタンクには、一般貨物を積んだり、バラストタンクとして使用する場合がある。またタンクごとに異種の油を積む場合もある。

一般に、取入れ管は油タンクごとに独立してタンク頂部に設けた注入口に導く。

取出し管は、機関室に設けた専用の貨物油ポンプに導く。また、移動式ポンプを油タンクの頂板上に備えて人孔又はハッチからホースで吸引する。

 

18.10.3 油タンカーの貨物油管

油タンカーの貨物油管は、油主管とストリッピング管を各タンクからポンプ室に導く。

油主管はグループ別に設けて、これから支管を出す。

ストリッピング管は、主管を1本とし、これから支管を各タンクヘ導く。

各支管には仕切弁を設け、上甲板上の操作スタンドでスピンドル装置を操作する。

その他詳しくは、日本海事協会の規則を参照するとよい。

 

18.11 練習問題

1. 清水の給水方法について述べなさい。

2. ビルジ管とバラスト管の相違について述べなさい。

3. 各種の弁の名称とその特性を述べなさい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から