日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


第16章 防熱、内張、仕切装置

 

16.1 一般

16.1.1 防熱の目的

船において防熱を必要とする場合は、次のとおりである。

(1) 居住性、作業性を快適にする。

(a) 居室、公室、作業室など外気にさらされる場所。

(b) 機関室、補機室、調理室など区画内に熱源があるものに隣接する居住室、作業室。

(c) 暖冷房を施した区画から他区画への熱拡散を防ぐ場合。

(d) 加熱される燃料タンクに、居室、作業室、貨物倉が隣接している場合。

(e) 蒸気管が導設される場所。

(2) 冷蔵庫、冷蔵貨物倉など、内部に格納した食料、貨物などを適当な温度に保持する。

(3) 機関室、煙突など高熱のため火炎、延焼のおそれのある個所の耐火を目的とする。

(4) 電気室、電気機器の格納場所の温度上昇を防ぐ。

(5) 隣の区画との温度差による結露を防ぐ。

 

16.1.2 熱の伝導

熱が伝わる状態に次3種類があって、それぞれの割合(率)が異なるので簡単にその説明を掲げておく。

(1) 熱伝導率(λ)kcal/mh℃

これは物質内部において、分子から分子への熱の伝わる割合である。

物質内に1mの距離にある平行平面を考えたとき、両平面の温度差1℃ごとに1m2の面積を通過して1時間ごとに平面に直角に流れる熱量である。

数値は、物質によってちがう。(16.1.3参照)

(2) 熱伝達率(d)kcal/m2h℃(放熱係数)

これは液体又は気体と、固体表面との間の熱の授受の割合である。

流体と固体表面との温度差1℃ごとに、毎時固体表面1m2を通過する熱量である。数値は、静止空気の場合d≒3、管内を流れる水又は蒸気の場合、d≒40,000にもなる。

(3) 熱通過率(k)kcal/m2h℃(熱貫流率)

これは2種の流体が固体壁を隔てて授受する熱量の割合である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から