日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


14.4 機動通風装置

14.4.1 扇風機、換気扇

扇風機は主として室内で空気を流動させるのに用い、換気扇は調理室、配膳室などから熱した空気や湯気を吸い出すのに用いる。いずれもプロペラ型通風機であって、軸流型の一種で、無圧式のものである。したがって低い圧力に抗して使うものである。

 

14.4.2 通風機

通風機には、遠心型のものと軸流型のものがある。居住区に対しては騒音の少ない遠心型が適し、機関室、貨物室等大風量を要する区画には軸流型が適している。いずれも通風機の性能をよく比較して適切なものを選ばなければならない。

(1) 遠心型通風機(多翼型)

空気を羽車の中心から取り入れ、羽の間に入った空気を遠心力で外方へ吹き出し、これを吐出口に送り出すものである。

遠心型のものは、羽車の羽の傾きによって3種類ある。(a)回転方向に前向きに曲っているもの、(b)半径方向に真すぐなもの、(c)後向きに曲っているものとあるが、(a)は一般にシロッコ通風機と呼ばれ、同一風量、風圧が最低の周速で得られる。小型で騒音も低いので最も普通に用いられる。風圧10〜120mmAqに適する。

羽が後向きに曲ったものをターボ通風機という。

(2) 軸流型通風機

(a)無圧式と(b)有圧式とに分類されるが、(a)は14.4.1に述べたものである。

普通軸流型通風機と称するものは、有圧式で所要の風圧を出しうるもので、トランクの途中に取付けて遠隔通風に使われる。

この型は効率が良く、小型であるから、舶用に使われることが多いが、周速が大きく騒音が高い。

風圧は1段で0〜100mmAqで多段に設計できる。

また、逆転させて使用できる利点がある。

 

094-1.gif

図14.8

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から