日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(1) 操舵器(操舵輪及びスタンド)

(2) 羅針儀(コンパス)

磁気コンパス(Magnetic compass)

ジャイロコンパス(Gyro compass)

(3) 主機関操縦装置

又は

(4) 速力通信器(テレグラフ)(Engine telegraph)

(5) レーダー指示器(Radar indicator)

(6) 測深儀(Sounding machine)

(7) 風向風速指示計

操舵器は、操舵手がコンパスを見ながら操作する。コンパスは船長や航海士か船位測定にも常に使うので、コンパスの周囲は近寄りやすくし、その正面及び左右正横の視界がないように、窓わく等が邪魔にならないようにしなければならない。

コンパスは、磁気の関係で近くに鉄製品や電流の流れるものが存在しないように艤装しなければならない。

主機関係操縦装置は、船長が1人でリモートコントロールする場合には、操舵輪の近くに置いた方がよいが、機関長が取扱う場合には、少し離れた場所の方がよい。

速力通信器を使うときは、船長や航海士が使いやすい位置とする。

レーダー指示器は、前方を見張りながらのぞける位置に設けるのが便利である。

測深儀は、操舵室の後面の壁で、海図台のかたわらにおくと便利である。

風向風速指示計は、操舵室の正面の窓の上部見やすい位置がよい。

 

12.2.2 海図室

海図室を別に設ける場合もあるが、一般小型船では、操舵室の後部一隅に設けるものが多い。

海図台は、海図の寸法以上とするのが普通である。海図台には自在腕の付いた電灯と暗幕を設け、夜間に光を漏らさないようにする。

海図台の下部には引出しを設け、海図の格納ができるようにし、その下には航海要具などの入る戸棚をつけるとよい。

SW 操舵輪

C コンパス

T テレグラフ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
320,507

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から