日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


3.2 錨鎖(アンカーチェン Anchor chain)

3.2.1 錨鎖の種類

錨鎖には、スタッドチェーン(Stud chain)とスタッドレスチェーン(Studless chain)の二種類がある。錨鎖その他の力のかかるところには、主としてスタッドチェーンを用いている。スタッドチェーンは、鎖がよじれたときに荷重を急激に加えても切断することが少ないという特長がある。

鎖の鎖環(リンク Link)の材料は、錬鉄、鍛鋼、鋳鋼などが用いられ、その接合の方法によって鍛接鎖、溶接鎖、鋳鋼鎖等に区分される。

錨鎖と錨とを連結するために、次のものを用いて錨鎖としての用をなすものである。

(1) 連結用シャックル(Joining shackle)

これは1連ごとの連結用である。

これの一種にケンターシャックル(Kenter shackle)がある。

(2) アンカーシャックル(Anchor shackle)

これは錨と錨鎖との連結用である。

(3) スイベル(Swivel)

これは錨鎖のねじれを防ぎ、収錨を容易にするために用いられる。

(4) 根付鎖とそのシャックル

これは錨鎖庫内の根付金物に連結するためのものである。

 

3.2.2 錨鎖の寸法

(1) 鎖環の寸法比

JIS F 3302、3303、を参照

(2) 錨鎖の長さ

鎖環を連結して長さ25mにしたものを1連といい、この長さを1連の長さ(One shackle length)という。英国では15尋(約27.5m)を1連の長さとしている。

(3) 錨鎖の衰耗限度

錨鎖は「設」131条によって、衰耗の最も甚しい個所における平均の径が、その原径に応じて第8号表に定められたもの以下となったときは使用できないことになっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
319,855

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から