日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


次に、艤装設計を行うに当たっての心構えとして、極めて一般的な事項を掲げておくから、参考とされたい。

(1) 関係法規と船級協会規則をよく見ること。

海事法令集の外に、船舶検査心得すなわち通達集を見る習慣が必要である。通達は毎年数十件も出ているし、改正事項にも気をつけなければならない。

船の入級条件によっては、NK・LR・ABS・BV等を参照し、JISについても参照することが必要である。

(2) 参考書・ハンドブック・カタログ等の資料を見ること。

これらのものは、貴重な資料がたくさん載せられているからよい参考になる。

この指導書も次の各文献を参考として作成したものであるから、原本を参照して詳しい数値や記事を求めるとよい。なお、これらの文献を参考とし、一部引用させていただいたことを感謝する。

(a) 船舶工学便覧(日本造船学会編)

(b) 造船設計便覧(関西造船協会編)

(c) 船舶艤装(岩佐英介著)

(d) 艤装(立川春重著)

(e) 理論船舶工学(大串雅信著)

(f) 艤装設計(日本造船技術センター編)

(g) 機関電気艤装設計(日本造船技術センター編)

(h) 艤装設計(日本小型船舶工業会編)

(i) 騒音制御工学(伊藤毅著)

(j) 船舶検査心得(運輸省)

(k) 海事法令集(海文堂)

(l) JIS規格集(日本工業規格協会)

(m) 鋼船構造規則(日本海事協会)

(3) データを集める習慣。

造船の計算公式には、理論式ばかりでなく実験式や経験式が多い。これは年長のデータの集積から解析して得たものである。設計は自他の実績の上に立って行われるものである。

そこで自分は自分なりにデータを集積しておくこと、またそれを整理しておくことが必要である。殊に小さい船の設計にはまだ問題点がたくさん残っているから、今後開発される問題がまだまだ多いことを念頭におくべきである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
334,187

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から