日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


240-1.gif

第5.25図 低温応力焼鈍

 

5.3.5 溶接長と換算溶接長

(1) 換算溶接長

溶接作業の管理量として、通常は溶接長(実長)が使われ、溶接能率は、1時間当りの溶接長で表わされる。しかし同じ1Mの溶接長であっても、例えば、脚長5mmの水平隅肉溶接に対して、板厚20mmの立向突合接手では、約20倍の溶接時間を要する。従って同型船の建造とか、すでに多くの管理資料が整っている場合には、溶接実長でも、管理量として十分活用することができるが、新船型の船を建造する場合とか、従来とは異なった仕事を計画する場合、又は工程管理のメッシュを細かくしようとする場合には、管理量として溶接実長だげでは不十分である。

そこで実長よりも更に精度の良い管理量として考えられたものが、換算溶接長である。換算溶接長とは、脚長(板厚)、溶接姿勢別の単位溶接長当りの所要溶接時間を基準として、それぞれの係数を定め、この係数と実長との積で表わされる。この係数をβ、係数と実長との積、即ち換算溶接長をβlと称している。この係数として、単位溶接長当りの実溶接時間(アークタイム=分)をとる場合と、アークタイム率を考慮して、目標溶接時間(Hour)をとる場合とがある。

(2) 係数表

第5、6表に換算溶接長の係数表の1例を示す。前述のように、係数の定め方にもいろいろな考え方があるが、ここでは係数として目標溶接時間をとった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
17位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
470,744

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から