日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


また、マワシ溶接は先に述べた様に、身体の向き等がかわるため、ともすれば第5.22図のごとく、不等脚長になりがちであるから、十分注意するようにしなければならない。

 

5.3.3 溶接作業における安全と障害

(1) 感電

溶接作業における最も危険な事故は感電による電撃死である。件数も多く、大部分が夏季に発生している。身体に汗をかいたときは人間の身体の抵抗値は大幅に下り、容易に大きい電流が流れるからである。そして、感電部位として、ホールダーの部分に触れた場合が、相当部分を占めていることから、ホールダーについては必ず、安全ホールダーを使うようにしなければならない。また、最近は、電撃防止器が普及してきて、無負荷電圧を下げているので、この装置を使用する限り、感電による事故死の数は大幅に低下している。

(2) 眼の障害

件数として多いものは、赤外線、紫外線及び視光線によるいわゆる電気盲である。少々のアークは大丈夫等ということは最も危険であるから、必ず規定のしゃ光眼鏡を使用するようにする。

(3) 火傷

スパッターによる火傷の他に、アークの光による火傷がある。いずれも、皮膚の露出部分をなくするようにすると共に、衣類の重ね合わせ方で、スタッパーが、身体の中に入りこまぬような工夫が必要である。足元から入ったスパッターは靴の中に入らぬように、足カバーをズボンの下につける等の対策をしておくこと。

(4) 亜鉛蒸気

亜鉛メッキされた板の溶接等をやるとき、亜鉛部分の除去が不完全であったりすると、亜鉛の蒸気にやられて、中毒症状を起こすことがあるから注意する。また塗料もよくその組成を調べて、確かめておかないと有毒成分を発生するものがあるかもしれない。

 

5.3.4 変形防止と応力除去

溶接作業による変形には、第4章で述べたごとき、変形が複雑にからみ合って生ずるものであり、隅肉溶接を施した部材がフェースプレート側、又はウエブプレート側に曲るのは、次の理由による。第5.23図の(a)においては、ウエブプレートが大きいため、この部材自体としての中立軸(材料の伸び縮みしないと考えられる面−N・A)はウエブプレート側にあるため、隅肉溶接の収縮は全体をフェースプレートの方へ、曲げるように働くのである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
428,802

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から