日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(2) 母材の大きさと接手の形状

一般的に考えると、母材が大きければ、それだけ冷えやすい。また、溶接付近の構造が、熱が逃げやすくなっている程、冷却速度も大である。即ち、突き合わせ接手よりも、隅肉接手の方が熱の逃げる方向が多いから硬度は高くなる。

(3) 溶接速度

溶接の速度が小さいほど長く熱せられているので冷却速度は小さい。隅肉接手の方が突き合わせ接手より溶接電流をI、溶接の速度をVとすればI/Vが小であるため冷却速度は大である。立向き溶接に比して下向き溶接はVが大であるため1/Vが小となり冷却速度が大となるため、ビード割れなど硬度による割れが発生しやすい。

 

197-1.gif

第4.7図 冷却速度に及ぼす継手形状の影響

 

4.2 残留応力と変形

4.2.1 応力と変形

一般に溶接された構造物は、機械加工業で組み上げられた構造物に比して、大きな応力や変形が残るものである。この応力や変形は、溶接作業を行ったときのアーク熱等により、部材の膨脹等によるものである。通常の材料は、その温度が高くなると膨脹するものであるが、鋼も同様であり、炭素の含有率と温度等によって異なるが、例えば400℃位ではその線膨脹係数は1.4×10-5/℃程度である。即ち、今、1,000mmの部材があって、その温度が10℃の常温から約500℃上昇したとすると、7mm程度伸びることになる。この溶接中に7mm程度伸びたいという力が、もし他の部材がそこにあって伸びることができないとすると、結局、部材の中には、両端から押しつけられる力となってはねかえってくる。この力が内部応力となる。この熱と内部の残留応力の仕組を第4.8図のH型拘束試験片に例をとって説明しよう。

 

197-2.gif

第4.8図 溶接残留応力の発生機構

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
17位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
470,744

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から