日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


○歪については、はっきりした規定は定められていないが、外板、甲板、居住区等では肉眼で曲りを感ずるものについては、除去するのが普通である。

○母材の傷はビード盛りで補修する。外板、甲板、居住区廻りは、更にハツリまたはグラインダーで仕上げる。ダボもハツリ取る。ピース類、ハリツケ材等、極力付けないことが仕上げの基本である。

○塗装については、母材の仕上げ完了後、塗装前処理(錆落しと清浄作業)を完全に行なう。乾燥期間を十分取って、所要回数塗ること、タッチアップを完全に行う。ペンキの垂れのないこと。

 

7.3 製造検査

7.3.1 立会検査

長さ30m以上の鋼造船は、船殻構造全体にわたって、建造中に、法令の定める検査官の立会検査を受けなければならない。

立会検査については、法令をよく読み、管海官庁、検査官に事前によく相談して、その指示に従うとよい。

 

7.3.2 社内検査

検査にあたっては、検査に受かること自体が目的でなく、売り物に値するものを作ることが目的である。従って、立会検査の有無にかかわらず、造船所において、社内検査体制を作り、自主検査が施行されなければならない。製造部門において施行される品質管理とは別に、第三者的な体制が望ましい。立会検査は工事完了後、施行されるのが一般であり、制約上、外観による部分的な検査になりがちである。従って立合検査は工事完了の確認の意味で受検し、全般に渡る詳細な実質的検査は品質管理と社内検査で行うのが立前である。

 

7.3.3 検査の種類

(1) 材料試験

抜取りにより試験片を採取して、曲げ、引張り等の破壊試験を行う。材料加工開始前に行うが、市売品でなくメーカーより直接購入する際は、メーカーで行うと良い。ラミネーション等は外観でチェックする。ミルシートは3〜4年保存しておくべきである。

(2) ブロック検査

ブロック建造により生じた中間工程検査である。船台上で区画の工裏完了後、纒めて検査を行うよりも、ブロック完成時にブロック毎に、地上で平面で施行した方が焦点が絞られて有利であり、手直し等にも便利である。従って、自主的にブロック検査は施行すべきである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
431,330

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から