日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


その他、いろいろの方法があるが、ドラグチェーンの使用量は、普通進水重量の2〜6%位である。満潮時に進水させることにより、進水速度を減じて行足を短くするのも賢明な方法である。

 

6.3.11 台車配置

台車の位置とその個数を決めるにあたっては一般に次の点を考慮する。

(1) 車輪一個の平均荷重が6〜10トン以下になるように台車の個数を決める。

(2) 台車の間隔は中心間で最大10m以下とする。

(3) 船首尾のオーバーハング量はできるだけ少なくする。

(4) 重量分布の多い部分に配置する。例えば、機関室、重心位置、船首水タンクの下部等。

(5) 横隔壁や骨材の下に必ず配置する。

(6) 船体形状からみて、余りやせた部分は安定性上好ましくない。

上記の点を考慮すれば、その船に最適の台車配置は、自ずから決まってくる。

 

6.3.12 レールと台車

レールは二条の場合が普通であり、一般には、耐圧力50Kg/cm3の鉄道用レールが使われる。

枕木は樫、欅等の硬材が望ましいが、最近は米松、日本松等も使用される。枕木は、船体据付け位置、前端圧力が掛る位置、船台強度の弱い部分等は、両玄通しで、間隔を密に配置する。

レールと枕木はボルト締めで固着し、レールの幅の精度、上下の凹凸状態、両玄の水平等に注意する必要がある。

台車は鋳鋼製の車輪に、木製または鋼製の枠が取付けられた構造である。一台に4車輪、車輪の径300mm、真鍮ブッシュを挿入して、車輪自体が回転するものが一般に使用されている。

一車輪の耐圧荷重は6〜10トン以下で使用するのが望ましい。使用前後には、必ず、点検、手入れ、注油を行うのが原則である。

 

6.4 進水準備作業

6.4.1 盤木差替え作業

小型船では進水後、引渡しまでに入渠または上架は、行われないのが普通である。従って、船底外板の塗装は余す所なく完全に施行されなければならない。盤木部分の塗装は、ブロック搭載前に行うのが理想である。盤木部分の塗装は、盤木を外して行い、再び盤木を進水まで入れて置く。

盤木差替え作業時の注意事項

(1) 船殻工事が完全に終ってから行う。

(2) 船体が局部的に下らないように、隣りに、新たに盤木を入れるか、又は周囲の盤木を増締めしてから取外す。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
429,926

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から