日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(2) 開先角度

(3) 開先面の粗度(凹凸)とノッチ

開先加工は精度と能率向上のため、できるだけ加工又は組立工程で、自動ガス切断機を使用して、施行するのが望ましい。

船台上で合わせ切り、面取り施行する場合は、次の点に注意する。

(1) 切断線をマーキングして、切り代をみて、線の外側を切断するつもりで切断する。

(2) 手動切断器では、直線精度向上のため、誘動輪、直線切断定規を使用する。

(3) 板厚に適した火口を使用する。

(4) 切断、面取り中は母材を動ぬようにする。

(5) 切断完了後、面内のスラグを完全に撒去すること。

 

092-1.gif

第5.33図 歪防止

 

開先面における切断面の粗さ、ノッチは、溶接施行上、性能上問題となる。許容限界を越える場合には、重要部材では、グラインダー仕上げ等を必要とすることもある。

粗度の深さ標準

重要部材 0.4〜0.8m/m

非重要部材 0.8〜1.5m/m

ノッチの深さの標準

3m/m以下

開先形状と、その補修方法を第5.1表に示す。開先形状に常に注意して、補修の必要があれば、その方法を即座に決定、指示して溶接欠陥を防がねばならない。

溶接作業者は満足な開先形状が得られるまで、溶接を施行しないくらいの気持ちが必要である。

上甲板、外板等の強度部材、水密を要する部材の開先形状には、特に留意して一部取替等は、絶対に避けなければならない。

なお、隅肉継手の補修方法についても第5.2表に示したが、いずれも大型船を対象としたJ.S.Q.Sからの引用てあるので、小型船の場合は、板厚が薄い事から、第5.1表、第5.2表よりも数値的にはきびしくする必要がある。

 

5.4.5 目違い

目違いには、突合わせ継手の目違いと、隅肉継手の目違いの二つがある。(第5.34図)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
432,989

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から