日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


両玄のブロックの前後位置を1個所で調整するために、バットに伸しをつけて、調整バットとすることがある。コッキングダウン施行場所と兼ねるのが普通である。

 

080-1.gif

第5.9図 相対的ねじれ

 

(2) ブロックは主構優先で決める。

内構材(内部骨材)よりも主構材(外板、上甲板等の板材)のブロック継手の取合状態を考慮して、位置を決める。

これは次の理由による。

○重要部材の溶接欠陥をできるだけ少なくする。

○重要部材の残留応力及び歪発生を極力へらす。

○内構材の方が、ばらし、肉盛り、一部新替等の処置がしやすい。

○船体形状、寸法に対する影響を少なくする。

船型と共に保持しなければならないのは主寸法である。船の長さ、幅、高さの寸法精度は貨物船としての生命である積荷量に敏感に影響する。特に高さ寸法(型深さ)はブロック建造法においては不足しがちである。船底ブロックの水平精度、外板ブロックの建付け精度の不良が原因である。

船幅は溶接進捗に従って収縮することがよくある。予め収縮代を見込んで建付ける等の対策も必要である。

 

5.3.4 計測の仕方

ブロックの決め方において、計測とは単に形のでき上ったものの寸法をはかるばかりでなく、計測しながら正しく位置決めすることでなければならない。従って、計測と位置決めとは一体でなければならない。

計測に当っては、動かぬものを基準として、目に見える方法で、必ず骨の上で、できるだけ離れた点で行う。

 

(1) 水平の計り方

水平を正確に出すことは、ブロック決め方の基本であり、トランシット又はビニールホースをもちいて、水盛りによる。水盛りの方法は水の水平性を利用して、空間に水平線を形成し、これを基準線とする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
17位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
470,744

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から