日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(4) ラインは投げ墨等によらず、バッテン、一部型を使用して、正確に出す。

(5) 記入事項は、はっきり記入する。

板の伸し、板逃げ方向、フレーム番号、開先方向、切断線等。

(6) 船台上で使用する基準線等には、必ずポンチマークを打つ。

(7) 複雑な形のマーキング等は、一部型等の使用により作業を単純化する。

(8) マーキング後、直角、対角精度、寸法等を必ずチェックする。

暖昧な定規、一部型は誤作の原因である。はっきり、分りやすいものにしておくことが基本である。

 

065-1.gif

第4.9図 曲がり形状のチェック

 

ブロック周端の切断時期には、次の三通りあり、それぞれ一長一短ある。

(1) ブロック内の全溶接完了後、ブロック寸法のみ、再マーキングして切断する。この方法は、ブロック寸法は正確であるが、切断作業の姿勢が一定でなく、切断精度が保ちにくい。

(2) 板継ぎ、マーキング後、切断してから、骨材取付け、溶接を行う。この方法は隅肉溶接による板の収縮があり、薄板では形状が少し変化する。

(3) 板継ぎ後、延尺によリマーキング、切断して、骨材等の溶接を行う。この方法は最も理想的であるが、延尺の量の推定、定規の製作等が難かしい。

ガス切断は、なるべく自動切断器を使用するのが良い。特に、切断定規の使用、開先角度、面内の粗度とノッチ、スラグの完全撤去に注意が必要である。

 

4.2.5 取付け作業

取付け作業は骨材の配材、位置決め、肌付け、仮付け作業からなり、実質的なブロック組立作業である。

ブロック組立方法には次の三通りある。

(1) バラ組立方式(第4.10図)

板継ぎされた板材上に、小組みされた骨材を一本ずつ、配材、取付けする方法である。

甲板、外板等の平面ブロック、曲がり外板ブロックの組立に適する。

(2) 枠組み方式(第4.11図)

骨材を先行して組み合わせ、板材を一枚ずつ被せて、骨との取合い、板継ぎを行う方法。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
17位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
470,907

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から