日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


治具の作製使用に当っての注意事項

○定点は、必ず骨材の交点を選ぶ。

○定点が必ずフラットバーの中心になるように、垂直に立てる。

○板の自由端、ブロック内継手にも、拘束のため、フラットバーを立てる。

○作業性上、治具全体の傾斜、定盤よりの高さは余り大きくない方が良い。

○フラットバーは、沈下防止のため、定盤の骨材上に立てる。

使用に当っては

○精度保持のため、治具とブロックの肌隙がないように注意する。

○変形防止のため、ブロックの溶接は全て治具上で拘束して行う。

○繰り返し使用の場合は、治具の寸法精度をチェックする必要がある。

治具を必要とするブロック

○曲がり外板

○キャンバー、シヤーのある甲板ブロック

○立体ブロック(甲板をベースとして大組立を行う場合)

 

063-1.gif

第4.7図 治具材の傾斜

 

4.2.3 板継作業

板継作業は、外板、甲板、隔壁等の加工された板材をブロックの大きさにつなぐ作業である。配材、取付け、溶接作業からなる。

平らな板は平板定盤上で、手溶接または自動溶接で行う。曲がりのある板は治具上で、手溶接で行う。

裏溶接のための反転回数が減るような開先面とする等の工夫が必要である。

例えば、平面ブロックでは

反骨面開先で溶接→反転→骨面の裏堀り、溶接→骨材の配材(反一転回)

曲がりブロックでは

骨面開先で溶接→骨材取付、溶接→反転→反骨面の裏堀り溶接(反一転回)

板継作業は、作業速度、歪防止、品質の点から条件がそろえば、自動溶接の方が手溶接よりもすぐれている。

条件としては

1] 板厚は6mm以上

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
17位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
470,744

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から