日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(3) 横押しプレス

ラムが、横方向に移動するもので、型鋼やF.B.の曲げに使用され、内部材のフレームやロンジの加工に強力な力を持っている。フレームや、ロンジの大部分は、横押しプレスだけで加工が完了し、焼き曲げに比較すると極端に加工速度が早い。

 

055-1.gif

第3.9図 最適加熱速度

 

3.5.2 冷間曲げ加工における注意事項

一般の自動車工業その他の加工に比べると、造船における曲げ作業は、極めて簡単である。絞り加工に属するものが殆んどなく、曲げも一方向のみが多い。したがって、プレス型としては、通常、2〜3種のヤゲンを持つのみで足りる。

注意すべきこととしては、フランジ折りのときに、内型半径を余り小さくとると、フランジの反対面で亀裂の入ることがある。JISの規程によれば

SS4l 内径 1.5t

SM4l 内径 1.0t

で、鋼材の試験をすることになっている。従って曲げ加工の基準としては、曲げの内径半径は1.5t〜2.0t位としておいた方が無難である。

一般に、このフランジ折りのクラックに対しては、キルド鋼よりも、リムド鋼の方が割れにくい。これは、キルド鋼に含まれているSi(ケイ素)が材料を硬くする性質があるからである。

鋼材には、スプリングバックという現象があり、プレスで押しているときより、多少、曲りが戻る性質がある。従って、曲げ作業を行うときは、型をあてながら、最終形状を確認して完了としをければならない。このスプリングバックの現象は、材料によって異なり、普通の軟鋼よりも高張力鋼の方がスプリングバックの量は大きい。

 

3.6 部材の揃え方

3.6.1 部材リスト

どのような部材がどれだけ、いつ必要かを知ることは、生産管理の上からは、非常に重要なことである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
429,926

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から