日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


第3章 加工

 

3.1 加工作業の概要

3.1.1 加工作業の船殻工事における位置

加工作業は、ブロック建造法を取る船殻作業にあっては、開始時点に位置し、現図作業のあと、実際に鋼材を、切ったり、曲げたりする作業をいう。通常、罫書作業から、組立作業へ渡すまでのものを加工作業としている。

加工作業は、ブロック建造法として、ステージ別の管理が、完全に分離しているときは、全体に占める工数の比率は、そう高いものではない。ある例においては、全船殻工事の15%位である。この工数比率だけに着目すれば、船体のコストを改善するためには、余り重視しなくてもよいステージではないか、ということになるが、これは大きなまちがいであって、すべての部材が、加工によってなされるのであるから、このステージでの製品の精度が、後続工程に及ぼす影響は極めて大である。また、船殻の部材の数というのは非常に莫大なものであり、その多くの部材が、小組立、組立、と進むにつれて、段々組み合わされて、取り扱い部材点数は少なくなり、遂には船台上で一つの船体となるのである。従って、数の多いものは整理しにくいという例から考えると加工ステージで、部材をうまく整理して、後の工程に、順調に引き渡して行くということが、全体の工事の流れを円滑にすることである。

 

3.1.2 加工作業における職種

加工作業に冷ける基本的な職種は下記の3種てある。

○ 罫書作業職

○ 切断作業職

○ 曲げ作業職

 

3.1.3 加工作業の今後の方向

昔は、船台の取付職が、罫書作業をもやっていたが、それは、船台における取合状況から考えて、伸ばしをつけたり、或いは、取付作業の手順を考えて、部材を作ったりするのに便利であるためであった。ところが、工事量が増加するのに従い、船台の取付工は、船台に、罫書作業は、専門の罫書工が罫書場にそれぞれ固定していた方が能率があがるということになり、その間の、作業順序だとか、加工要領は、別個の管理者、監督者が、全体の生産管理の立場から、統率するという形がとられるようになった。ここにおいて、日程表、カッティングプラン(部材取合図及び、伸ばし量指示)等の考え方が入ってきた。また、切断においては、現在はガス切断の時代であるが、通常500mm/mm前後の切断速度に対して、より高速のガス切断であるとか、プラズマ・ジェットを利用する高速切断等が検討されはじめている。曲げにおいて、昔の、丸焼きの叩き曲げから、線状加熱の手法が広く取り入れられ、最近はまた、強力な油圧を主としたプレス作業がより高度に研究されている時代である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
435,559

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から