日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


1.2 ブロック建造法

ブロック建造法の目的は、船台上の工事量を減らすために、船体を幾つかのブロックに分割して、地上の組立定盤上で、溶接により先行組立しようとするものである。従って船殻工事の主体は船台よりも、むしろ組立工程であり、設備の主体は、クレーン、定盤、溶接設備である。(各工程の工事量の比率は、加工15%、組立30〜40%、船台30〜40%、その他5〜10%である)

 

1.2.1 ブロック建造法の利点

ブロック建造法には次のような利点がある。

(1) 建造期間を短縮できて、生産量も増大する。

(2) 船台占有期間が短く、設備を有益に稼動させ得る。

(3) 溶接の大半を下向き姿勢に置き換えられる。

(4) 工程と工作技術の管理が容易で密にできる。

(5) 技能に応じた適切な人員配置ができる。

(6) 高所、狭隘作業が減り、作業環境、安全性が良い。

(7) パイプ、塗装等の先行艤装、青空艤装が可能である。

 

1.2.2 ブロック建造法の種類

ブロック建造法の種類には一般に次のものがある。

(1) 層式建造法(第1.9図)

船底ブロックを船首尾まで搭載し、次に外板ブロックを船首尾まで搭載する。さらに上甲板ブロックを船首尾まで搭載する。

(2) 箱型建造法(第1.10図)

船首尾方向よりも上方向への搭載速度が速く、船底、外板、上甲板の順序で区画ごとに搭載を進めてゆく方法。

(3) 梯形式建造法(第1.11図)

上記(1)、(2)の中間的搭載方法で、初めは(1)で進み、次第に(2)に変わりながら常に梯形を保ち搭載を進めて行く方法。

(4) 多点式建造法(第1.12図)

層式建造法において、ブロック搭載起点が2カ所以上あり、最後ははめ込み式搭載により結合する方法。

造船所の諸条件によっても異なるが、小型船の場合、一般に層式建造法が採用されているようである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
17位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
470,744

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から