日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


125-1.gif

 

例題21) 図示脚長5mmの隅肉溶接個所で、ギャップが4mmあった。この個所に対してどのような処置をとればよいか。

答)2<a≦5の場合

脚長=図示脚長+a-2

=5+4-2

=7

即ち、7mmの脚長が必要である。

125-2.gif

例題22) 側外板(板厚8mm)のブロック継手部に図のように1.5mmの目違いが発生した。どのような処置をとればよいか。

125-3.gif

例題23) 重要強度継手で図のような目違いが発生していた。(a=4mm)どのような処置をとればよいか。

答)基準では目違いは0を目標にし、

その許容範囲は、

a≦1/2t2(t1≧t2)…普通部材

a≦1/3t2(t≧t2)…重要部材

となっている。

a<1/3t2=1/3×10=3.3

従って、目違いを直してから、溶接作業にかからなければならない。

125-4.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
75位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
157,121

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から