日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


例題17) 図面指示の脚長が5mmの場合にはのど厚はいくらあればよいか。

答)のど厚は脚長の70%を標準とするから

ι=5×0.7=3.5

即ち3.5mmあればよい。

122-1.gif

 

例題18) 機関室など振動の激しい個所では下の(a)、(b)いずれの方法が好ましいか。

122-2.gif

答)軟鋼の場合

a) の疲労強度は21.4kg/mm2

b) の疲労強度は17.6kg/mm2

したがって(a)のグラインダー仕上げで表面を平らにした方が振動に対しては強い。

 

5.2 溶接作業

5.2.1 一般的注意事項

手溶接作業者の最も注意しなければならないのは“電流値”と“運棒法”であるといわれている。この両者をなおざりにしては決して良好な溶接はできないが、その前に溶接作業者、監督者が注意しなければならないことは溶接前の準備及び点検である。どんなに高い技量を持っていても、溶接前の準備を怠っては良好な溶接はできない。溶接前の準備としての点検項目をよく読む必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
75位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
155,835

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から