日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


第3章 溶接機と溶接棒

 

3.1 溶接機の構造

現在、日本で最も多く使用されている溶接機は交流アーク溶接機である。手溶接機は、図に示すような定電流垂下特性を持たせてある。

溶接するとき、電流と電圧が図のA B Cの曲線をたどって変化するように溶接機は造られており、従って、アークを発生させないで、電流がゼロのときには、電圧が80Vを示し、溶接棒が母材に接触したときにはCの電流が流れるようになっている。(家庭の変圧器の場合は無限の大電流が流れる。)アーク長は短い方が安定するが、その電圧は25〜30Vである。即ち、B点付近で安定する。アーク長は、溶接作業者によって多小の差があるが、これに対応して電圧も変化する。今、溶接作業者の手の動きによって電圧がBからDまで動いたとする、この時の電圧変化はV1、これに対して電流の変化はA1となり、図からわかるように、V1の大きな変化に対してA1の微小変化となるよう溶接機は造られているのである。(溶接中に電流が変化すると、種々の不都合を生じ欠陥が多く発生する。)

溶接棒の棒径によって、あるいは姿勢によって電流値を変えなければならないが、この電流調整には次の4つの方法があるが、現在最も多く使用されているのは、可動鉄心型である。

 

112-1.gif

 

a) 可動鉄心型

b) 可動線輪型

c) 可飽和リアクトル型

d) タップ切替型

例題10) 電撃防止器について説明せよ。

答)アーク溶接の利用が進むにつれて、溶接作業に伴う感電事故も増加の傾向を示していたが、最近この電撃防止器の設置と安全ホルダーの使用により、最近では皆無に近い状態になりつつある。電撃防止に関するJIS規格(JISC9311-1963)では、アーク起動に際して電磁接触器が働くに要する時間は、0.06秒以内と規定され、次に溶接が終了した後、電磁接触器が開くまでの時間は1.5秒以内と規定されている。

通常電撃防止器の取り付けられた溶接機は、無負荷電圧は25Vを指しているので、少し、身体が触れた程度では大丈夫である。

溶接終了後、約1.5秒間は電磁接触器が開かないのは、仮り付け溶接や、アークを切りながら作業を進める場合に不都合が起こるためである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
75位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
156,561

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から