日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤作動防止に関する調査研究報告書

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


83MHzと113MHzにノイズが発生している。制御室における計測では、それらのノイズが顕著でないことから機関室より発生しているものと思われるが、113MHzのノイズは参考限度値を僅かに超える程度である。

図10-19に155MHz〜165MHz帯のQP検波スペクトルを示す。図中には限度値を付した。モニタ・ディスプレイ等のON/OFFやアンテナの設置位置等かち判定し、限度値を超えるノイズを放射した機器名を図中に示した。記入外のノイズは機関総合監視盤からのものと考えられる。

 

10-4-3-3 200MHz〜1.1GHz帯の電界強度

200MHz〜1.1GHz帯のピーク値検波スペクトル例を図10-20に示す。

図中には参考として限度値(54dB)を付した。

420MHzに参考限度値を超えるノイズが計測されている。他の計測例の420MHzにノイズが現れていないこと及び高調波計測装置にもないため、機関総合監視盤からのノイズと考えられる。

400MHz〜470MHz帯のQP検波スペクトル例を図10-21に示す。各図には、垂直偏波4方向(船首、右舷、船尾、左舷)の電界強度が示されている。

限度値を超えるノイズはなっかたが、(a)の462.5MHzにバンド幅の広いノイズが計測されている。計測装置には、その周波数帯のノイズが無いことやアンテナの位置や方向から判断して、機関総合監視盤からのノイズと考えられる。

 

10-4-4 考察

計測機器からのノイズを考慮すれば、機関室及び制御室は比較的、良好な電磁環境である。航行及び離接岸中は車両甲板以下のデッキのドアに旋錠が行われ、乗員のみしか出入りができない状況にあり、その密閉性やブリッジとの距離を考慮した場合、ブリッジへの空間伝搬は殆どないもと思われる。ただし、電源ラインにより、全ての区画と繋がっているが、本実船計測では電源ラインから伝わるノイズの周波数帯と減衰を明確にすることはできなかった。また、機器間の相互干渉等のシステム雑音に関するデータは得られなかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
793位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
12,313

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.法定船用品製造事業者のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から