日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤作動防止に関する調査研究報告書

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


8. 伝導低周波妨害イミィニティ試験の実施(平成12年度)

本試験は、交流電源の場合は電源高調波、直流電源の場合は発電機のリップルの影響をシミュレートするものである。電源にバッテリーを使用するEUTには本試験を適用しない。

 

8-1 試験基準とセットアップ

8-1-1 試験基準

以下に示す試験電圧を電源ラインに重畳したとき、EUTの性能は性能基準Aを満足すること。

・交流電源駆動のEUT:公称電源電圧の10%の正弦波実効電圧を50Hzから900Hzまで掃引し、次に6kHzで1%となるまで下げて行き、10kHzまで1%のまま維持する。(図8-1参照)

・直流電源駆動のEUT:公称電源電圧の10%の正弦波実効電圧を50Hzから10kHzまで掃引する。

両試験において、周波数の掃引速度はEUTのいかなる誤作動も検出出来る様にゆっくり掃引する。(周波数の増加の割合は1%、1周波数の印加時間は3秒)

上述の試験を行なう際、EUTの電源インピーダンスが低すぎて信号レベルを維持できない時は、電源ラインに印加する最大電力を2Wに制限することが出来る。

性能基準A:EUTは、試験中とその後において、その目的とするとおり運転を継続しなければならない。該当する装置の規格及び製造者が発行した技術仕様書に定められるとおり、性能の劣化も機能の喪失も許されない。

 

044-1.gif

図8-1 伝導低周波妨害イミィニティ試験印加電圧(交流電源駆動)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
799位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
12,363

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.法定船用品製造事業者のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から