日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤作動防止に関する調査研究報告書

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


7. 伝導性エミッション試験の実施(平成12年度)

本試験は、機器内で発生し、電源ポートを通って船内電源ラインに伝導し、他の装置に妨害を与える可能性のある信号を測定するものである。

 

7-1 試験基準とセットアップ

7-1-1 試験基準

10kHz〜30MHzの周波数範囲で、EUT(供試品)の電源端子における無線周波数電圧は、図7-1に示す限度値以下とする。

 

013-1.gif

図7-1 伝導性エミッションの無線周波数端子電圧の限度値

 

エミッションはCISPR16-1で規定されたQP測定受信機で測定する。

CISPR16-1に従ったVネットワークの擬似電源回路網(LISN)(図7-2参照)を使用して、EUT端子間に高周波数で規定されたインピーダンスを作り、電源側の不要無線周波数信号から試験回路を分離する。10kHz〜150kHzの周波数範囲では測定器の帯域幅は200Hz、150kHz〜30MHzでは9kHzとする。

EUTの電源ポートと擬似電源回路網との間の電源入力ケーブルはシールドケーブルとし、長さは0.8m以内とする。EUTが独立した電源ポートを持った2つ以上のユニットからなる場合、同じ公称電圧の電源ポートを擬似電源回路網に並列に接続することが出来る。

すべての測定装置及びEUTを接地面上に取付け、それに接合して測定する。

接地面を設けることが実際的でない場合、EUTの金属フレーム又はシャーシをアースの基準として使用し、同様の構成とする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
793位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
12,313

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.法定船用品製造事業者のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から