日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


青函連絡船のすべて

本州と北海道の架け橋として時代とともに歩んできました

 

1908年〜1925年

流行語も生みだした船の進化

 

北海道開拓事業が本格化した1900年代はじめ。北海道鉄道と日本鉄道は1日2往復の直通列車を走らせていましたが、函館〜青森間の連絡船は1日1往復で、港で積み残しの荷物や人びとが夜を明かす姿が目立ってきました。これを解決するために生まれたのが、青函連絡船なのです。

 

026-1.jpg

比羅夫丸

 

026-2.jpg

田村丸

 

●新しくて早くて快適なタービン船

鉄道連絡船の使命は、列車の発着時刻にあわせた定時運航。嵐や濃霧、冬には吹雪、そして潮流の変化もある津軽海峡で、それを実現するには高性能の客船が欠かせません。当時、上野〜青森間の路線(後の東北本線)を走らせていた日本鉄道会社は、明治39年(1906)、2隻の客船をイギリス・スコットランドの造船所に発注したのです。変動の激しい時代の中で、小樽〜函館間を走る北海道鉄道会社線も日本鉄道会社も国鉄に吸収され、建造中の2隻も国有化されました。わが国初のタービン船は発注から2年後に就航。東北に縁のある歴史上の人物、阿部比羅夫と坂上田村麻呂にちなんで比羅夫(ひらふ)丸、田村(たむら)丸と名付けられました。乗り心地が静かなうえに、従来6時間の航海を4時間に短縮する速さに、両船は一躍人気者に。「タービン」は「新しい、速い」を意味する流行語にすらなったのです。函館市には「タービン洋服店」などの看板が次々と現れたといいます。

 

●船の中をレールが走る

ところが、当時の函館港、青森港には桟橋がなく、荷物の積み下ろしに膨大な時間がかかりました。加えて第1次大戦の軍需景気で輸送量は増大する一方。そこで次世代船舶として誕生したのが、船内にレールを敷いて列車を積み込む「客載車両渡船」だったのです。翔鳳(しょうほう)丸、津軽(つがる)丸I、松前(まつまえ)丸I、飛鸞(ひらん)丸のトップを切って、大正13年(1924)に完成した翔鳳丸は全長109.7メートル、約890人の乗客と25両連結の貨車を3線のレールに分けて積む蒸気タービン船。4船とも国内で造られたから、青函連絡船は日本の造船技術の向上にもおおいに貢献したことになります。

ところで、大正12年(1923)8月16日に進水した飛鸞丸は、関東大震災に遭遇。輸入したばかりのタービン減速ギヤーがハシケもろとも沈没するというアクシデントに見舞われたために、完成が遅れたのです。時代の要請に応え、震災をくぐり抜けてきた連絡船は、こうして大正14年(1925)、岸壁の航送設備の完成とともに就航。片道4時間半、客貨便3往復、貨物便1往復の計4回、海峡を運航し続けました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
212位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
51,549

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館ものしりシート
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から