日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


Welcome!

「羊蹄丸(ようていまる)」という船を知っていますか?

 

この船の名前は知らなくても、青函連絡船はご存じでしょう。

青函連絡船は青森〜函館間の津軽海峡、約113kmを結ぶ航路として、人や貨車を運んでいました。

明治・大正・昭和にかけて、本州と北海道をつなぐ大動脈として活躍していたのです。

この航路で昭和40年から22年余り活躍してきた船が「羊蹄丸II」です。

青函トンネルの開通とともに、昭和63年、連絡船としての役目を終えた羊蹄丸は

現在、東京のウォーターフロントでフローティングパビリオンとして、青函連絡船の歴史を伝えています。

さあ、みなさんも少しだけタイムトリップして、羊蹄丸ワールドに浸ってみませんか?

 

002-1.jpg

羊蹄丸II解剖!

船名/羊蹄丸II

総トン数/8,311.48トン

全長/132.00m

幅(型)/17.90m

深さ(型)/7.20m

用途/客載・車両渡船

旅客人数/1,200人

車両積載数/48両

所要時間(青森〜函館間)/約3時間50分

運航期間/22年7カ月

就航:昭和40年(1965)8月5日

終航:昭和63年(1988)3月13日

 

写真協力●鎌田清衛、金丸大作、佐藤正治、JR北海道、毎日新聞社(敬称略)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
212位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
51,549

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館ものしりシート
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から