日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


2. ログとノットについて

(1) 速力を知るには

船の速力や航程を計測する装置のことを「ログ(測定儀)」といいます。ログとは木片の意味で昔、海面に木片を投入しそれが船側を通過する時間を計って速力や航程を計算したときの名残です。ログには様々な種類があり、原始的なものでは上記の方式そのものであるダッチマンズログや木片に紐(ひも)を付けて海面に流し、一定時間に流れ出た紐の長さで計測するハンドログがあります。その他の方式として、水流で回る回転子を曳航し、その回転数で速力を知るパテントログ、最近では電磁石で磁界(じかい)を造り、そこを通る水流の速さに比例して起こる誘起(ゆうき)電圧から速力を知る電磁ログがあります。しかし、いずれも計測するのは対水速力です。相手が海流のある海では「時速いくらで何時間走ったから今どのあたり」といった計算には当然狂いが生じます。最新式のドップラーログは、海底に向けて発射した超音波の反射波の周波数変化から速力を割り出すため正確な対地速力を計ることができますが、水深数百メートルまでが限界となっています。

 

ハンドログと砂時計

072-1.gif

 

パテントログ

072-2.gif

 

ハンドログの使い方

072-3.gif

 

(2)ノット

ノットは船の速力を表す単位で、15世紀にトンよりも少し遅れて確立しました。14.4メートル間隔で結び目(結び目のことを英語でノットという)を取り付けたロープの先に海面に浮かぶ扇を付けて、船が進むに従ってどんどんロープを伸ばしていき、「一定の時間で何個の結び目が海に出たか」で船の速力を測ろうとしたことがノットの由来です。ちなみに、ノットを測るこの原始的な道具はハンドログと呼ばれ、今日においても航海練習などで使用されています。計測の際の一定の時間とは、砂時計の砂が全部落ちるまでの28秒です。1ノットは28秒間に結び目1つ分進む速さでこれを時速に換算すると1,852メートルとなります。1,852メートル=1海里で北緯48度の子午線の1分の長さである6,080フィートが基準となっています。

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
197,624

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から