日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


2. “飛鳥(あすか)”

平成3年(1991)10月28日、日本郵船の新しい客船“飛鳥”が三菱重工業長崎造船所の岸壁を離れました。“飛鳥”には戦前の客船黄金時代の伝統を引き継ぐという想いがこめられていて、その大きさも、太平洋戦争勃発の年に三菱造船長崎造船所で建造された、当時日本最大になる予定の“橿原丸(かしわらまる)”を意識して造られています。(“飛鳥”・28,717トン、“橿原丸”・27,700トン)。“橿原丸”は、進水前に海軍に買い上げられ航空母艦“隼鷹(しゅんよう)”と改名して竣工(しゅんこう)されたため、客船としての姿は誰も見ることのできなかった幻の客船なのです。このようなことから、“橿原丸”が“飛鳥”の基準とされたのです。かつての郵船の客船がそうであったようにオープンスペースを広くとるための、なだらかな船尾部と広いプロムナードデッキに、戦前の名船のゆったりとした感じが復刻(ふっこく)されています。さらに船体にはスマートさを演出するための金と青のラインが引かれていますが、青い方はジャパンブルーとよばれる日本の伝統色で、藍染めの青・濃縹(こきはなだ)と呼ばれる色です。船名の“飛鳥”も、日本文化の黎明期(れいめいき)である飛鳥時代に因み、新客船時代の黎明期を担うものとして名付けられました。因みに、おなじ日本郵船の客船でありながらバハマ船籍の“クリスタルハーモニー”のファンネルには、郵船の伝統・赤の二引(にびき)がありません。日本船籍の客船“飛鳥”のために大切に取っておかれたのです。

 

028-1.gif

028-2.gif

028-3.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
200,397

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から