日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.4/36

 

船を造るII

 

1. ガス切断(せつだん)

船体は鋼材(こうざい)をいろいろな形に切断したあと、曲げたり溶接(ようせつ)したりしてつくられます。その切断加工のほとんどはガス切断によって行われています。ガス切断の方法には手動切断と台車で切断機を移動させる自動切断があります。自動切断はさらに、直線方向にだけ切断するものや円だけ切断する専用機を使うものがあり、また「エレクトロニクス・アイ・トレーサ(光電式倣(こうでんしきなら)い装置)」を使って自由にいろいろな形を切断できるものがあります。「エレクトロニクス・アイ・トレーサ」は電子の目で図形を正確に読みとり、行動する方向を機械全体に指令する装置です。右の機械は「KT530IC自動ガス切断機」とよばれるもので「エレクトロニクス・アイ・トレーサ」を装備した比較的小型のものです。造船所では幅20メートル以上にもおよぶ大型の自動ガス切断機も使われています。

 

007-1.gif

KT530IC自動ガス切断機

(現在切断機はコンピュータで遠隔操作(えんかくそうさ)され、広い場所を自由に動くことができるようになり、今までより大きな部材(ぶさい)の切り出しができるようになりました。)

 

船体に使われている鋼材の厚さ

007-2.gif

*鋼材の厚さの種類は非常に多く、ここに示した物もほんの一例にすぎません。これらは広範囲に最もよく使われている軟鋼(なんこう)で、この他にも色々な種類の鋼材が使われています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
200,930

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から