日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


受講料が一切無料で、希望者はだれでもが受講できる開放性ばかりではありません。男女の差別がきびしかった当時において、女性にも聴講をすすめたことは、画期的なこころみでした。論説では世の中の刷新を力説していても、実際には女性を差別し、女性が学ぶことを排除していた学者の多い時代でした。その開講のことばに、梅岩がめざした学問のこころざしが私の胸にこだましました。

 

学問の背景

石田勘平は十一歳のおりに、父親の友人の紹介で京都の商家へ年季奉公にでましたが、十五歳の時に郷里へもどります。そして二十三歳で、京都の商家(呉服商)黒柳(くろやなぎ)家に、再び奉公にでます。『都鄙問答』に語られている「商人は勘定委(くわ)しくして、今日の渡世を致す者なれば、一銭軽しと云ふべきに非ず。是を重ねて富をなすは商人の道なり」の言葉も、奉公のなかでの体験にもとづいて蓄積された実感であったにちがいありません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
20,919

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から