日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


しかも、自分以外のところに無駄があっても、関心を寄せません。「倹約」は、世の中のため、世界のために行うものです。三つ使っていたものを二つで済ませ、余った一つを世の中のため、世界のために使うというのが梅岩の教えです。

私は、これからの日本人が取り組まなければならないポイントの一つは、倹約であると考えています。現在、地球規模で環境問題が深刻化しているなか、CO2の削減一つを取ってみても、倹約なしには考えることができません。日本人が、忘れていた倹約の精神を取り戻せるかどうかが、環境問題の解決の大きな鍵を握っているでしょう。

十五年ほど前に、ある外国人の方に言われた忘れられない言葉があります。

「日本はたしかに素晴らしい経済成長を成し遂げた褒められるべき国である。しかし、決して尊敬される国ではない」

もし、日本がこのままあくなき経済成長を目指し続けるようなら、世界はますます日本を尊敬しなくなるでしょう。しかも経済成長がこれまで通り見込めなくなった今、「褒められる国」ですらなくなるかもしれません。

ベラー博士は、経済大国としての日本ではなく、宗教・思想といったもの、特に江戸時代のそれに足を踏み入れ、日本を高く評価してくださっています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
20,885

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から