日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


もし、この自然の再生産能力を超えて、欲望のままに食べ尽くしてしまったら、結局は己が滅びることになるということを知っていたのです。

ところが、農耕を始め、村落が形成されるようになると、食物を自分たちの思うままに生産・貯蔵できるようになり、必ずしも自然に従わなくてもよくなった。その結果、人間は、それまで共生していた自然と切り離され、欲望を肥大化させながら社会を築いてきたのです。

しかし、個々人があまりにも欲望をふくらませすぎると、社会的に様々な問題が起こります。そこで、それまでのシャーマニズムではなく、倫理をともなった宗教が生まれたのです。キリスト教でもイスラム教でも仏教でも、戒律というものがあって、それらが、人間の欲望を抑制する役割を担ってきました。

やがて産業革命が起こり、近代科学が急速に発達します。科学では客観的事実のみが重視され、宗教で言われるようなことは迷信として否定されるようになりました。問題は、宗教離れによって、それまで宗教が担いできた倫理や道徳まで失ってしまったことです。近代科学においては、還元主義の立場をとり、すべてのものを物質に還元することで把握しようとします。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
20,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から