日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


企業経営は立派な社会活動である

企業というものが社会にとってどれほど大切なものであるか、このことを経営者自身がもっと自覚しなければなりませんし、社会全体としても認識する必要があります。

社会を経済的に成り立たせているのは企業です。企業が人を雇用し、給料を払い、従業員とその家族の生活を支えています。利益が出れば税金を支払い、また、従業員に払った給料からも所得税や住民税が徴収され、それが国や地方の財源になっています。その意味で、政府が公共投資を行い、教育や福祉のサービスを行えるのも、企業活動があるからと言えます。さらに言えば、企業がモノやサービスという「価値」を生み出しているからこそ、社会が豊かになっていくのです。自給自足の小さな農業国家ならともかく、現代の産業社会は、企業なくしては成り立ちません。

にもかかわらず、非常に残念なことに、日本ではいまだに企業人を蔑視する風潮が見受けられます。企業は利益を追求しますが、そのことが「暴利をむさぼる」とか「他人の金を掠(かす)めてわが身を太らせる」というイメージでとらえられてしまうのです。

私が京セラを始めたとき、「企業を経営するとはどういうことか」と真剣に悩み、その大義を求めていた時期がありました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
20,623

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から