日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


グループ内の結束力を生み出し維持していくことは今日では難しいものがありますが、たとえグループ内の結束力を維持しても、自分たちが大きな社会の一員であることを認識していなければ、社会的に有益なグループではなくなってしまうというわけです。自分たちとは異なった種類の他のグループとも結びついていく意識が必要なのです。

おそらく日本の社会では他の国よりも、グループ内の結束力と社会の一員としての意識が相反してきたのではないでしょうか。その結果、派閥間の争いやグループ間の非生産的な競争が生まれてきたのです。アメリカや日本を含め、国粋主義もまた現在、世界中で問題の種となっています。もちろん国粋主義には、自分たちだけの小さな派閥から抜け出してもっと大きな愛へと昇華させる側面もありますが。しかし国粋主義が抱える問題の一つは、自国内での結束力を強める一方で、他国への敵対心をしばしば煽(あお)ってしまうことです。今日では世界中で、日本でもそうだと思いますが、国粋主義は衰退しています。もし国粋主義が地球市民という意識や世界中で苦しんでいる人々との連帯感に置き換えられたならば、それは素晴らしい進歩となるでしょう。しかし大抵の場合、国粋主義が衰退してもっと大きな愛に置き換えられるのではなく、さらに偏狭な考え方が登場してくるものです。人間というのはとかく自分たち自身や所属するグループの利益ばかり追い求めるものであり、それが自国であれ他国であれ、他者への影響は考えないのです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
481位
(31,629成果物中)

成果物アクセス数
21,109

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年1月18日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から