日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


近代化の促進による心学の衰退

稲盛 先ほど上田先生から、石田梅岩が活躍した当時、荻生徂徠をはじめとする日本のいわゆるオピニオンリーダー、思想家の方々から商人というものは非常に卑しい人種だとさげすまれたというお話がありました。たしかに事業をしているわれわれは商才、才覚があれば利益を社会からかすめ取るということもできます。学者の方は社会から利益をかすめ取ることは簡単にはできませんが、商売の場合、心ない経営者にはできるわけです。

例えば現在でも談合というのが行われています。つまりみんなで話し合って価格を決め、なるべく高く物を売りつけようというものです。正当な努力をしないで不当な利益を得たいという衝動がわれわれ商人の世界にあるわけです。ですから、商人、企業経営者の中にはつい欲望の誘惑に負けてしまうというケースがままあります。事実、そういう人たちがその当時も現在もあとを絶たない。そのために商人は、社会的に非常にさげすまれてきたのではないかと思います。

その中で梅岩は「利を求むるに道あり」という趣旨のことを言っています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
20,623

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から