日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


こうした作品や他の多くの例が示しているのは、鎖国時代の真っ只中に開国の精神が顕著に現れていたということです。大事なのは、インドにしろ中国にしろ西洋にしろ、思想の源ではありません。科学、経済、社会あるいは精神といった当時の問題を考えて解決するうえで、こうした思想がいかに力になりえたかということが重要なのです。梅岩は抑圧的で閉鎖的な徳川幕府のもとで生きていましたが、開国主義の精神に囲まれていたと言えると思います。

 

経済発展と宗教の関連性

日本は西洋以外の国では初めて先進国となり成功を収めましたが、この「現代の奇跡」は近代以前に源があったはずです。拙著『徳川時代の宗教』が出版されてからもう半世紀ほどになりますが、この間に、数多くの研究の中で徳川時代の経済、社会、文化生活の活発な動きが説明されています。日本が西洋と似た発展をしていると紹介されていたことから、私は大学生の頃から日本の研究に興味をもちました。例えば封建主義という言葉は、多くの社会における前近代的社会関係を説明するために非常に漠然と使われていますが、他のほとんどの例とは異なり、日本の封建主義は西洋の封建主義と深い類似性があるようです

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
20,846

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から