日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


「商人の道と云とも何ぞ士農工の道に替ること有らんや。孟子も道は一なりとの玉ふ。士農工商ともに天の一物なり。天に二つの道有らんや」

 

徳川時代の創造的精神

このような生い立ちの梅岩が道徳的普遍性の師となろうとしたことを、誰も期待しませんでした。多くの人々にとって、商家の古番頭が突然、自分を哲学者と呼んで、そしてすべての人に向かって講釈を始めることは実にばかばかしいことでした。梅岩は権威のない師の弟子であり、どの学派にも属していませんでした。彼は僧侶でもなく、また富も地位ももっていませんでした。梅岩は、自分は無学で、そして文語体(漢文)も不得意であると謙虚に言い、そして多くの人が難なくそれに同意しました。

梅岩は著書『斉家論」の冒頭で、「多くの人が彼を批判し、ある者は彼の面前では褒め、陰では嘲笑し、また多くの者が、そのような無学な者は他人を教えるには適さないと言った」と述べています。さらに「自分自身で講釈をつくったのではなく、以前聞いた講釈を理解もせずに繰り返しているにすぎないと言う人がいた」と述べています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
20,826

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から